ホースセラピーの健康効果

□身体障害の効果

1.筋肉緩和効果
障害者は体を動かす場が少なく乗馬を還して体内の筋肉をほど良く引き伸ばし新陳代謝の改善を図ります。
2.緊張緩和効果
馬と触れあうことで馬の体温により中枢神経を刺激し筋肉疲労を解きほぐす効果があります。筋肉緩和効果との相乗作用が効果をあげます。
3.バランス感覚の効果
乗馬による馬の歩くリズムの反動を利用し障害者の立位や歩行のアンバランスを整えていきます。
4.脳障害の効果
乗馬による馬への指示で自身の手足を別々に動かすことで脳の中枢神経を刺激して改善を図ることが可能です。

□情緒面に対する効果

1.自立心の効果
乗馬することにより馬に乗れたという達成感や爽快感により新しいことに挑戦したいという自立心を養います。 2.コミニュケーション効果
乗馬をするためには指導員や馬に対して自分の意志を伝えなくてはなりません他者とのコミュニケーションを図ることを学び意志、感情の表現力を養います。

写真

□聴覚障害者への効果

馬は騎乗者の感情を理解しようとします、騎乗者の素振りや感情に対して馬が注意を促してくれます。視覚情報以外の情報を体感することができます。

□視覚障害者への効果

視覚障害者の乗馬の効果は馬の視覚を借り不安から開放された開放感を体感することで視覚障害者の新しいことへ挑戦する力を養うことができます。

□研究論文数の推移

馬介在療法に関する研究論文数の推移

□海外主要学術雑誌掲載論文リスト

PDFアイコン

障害者乗馬の身体効果に関する主な海外論文
(キーワード:Equine-assisted therapy;Hippotherapy; PubMedより)