イベント/プロジェクト紹介

セミナー・フォーラム

□第5回 動物介在教育・療法学会学術大会 

大会長 樋口誠一(北里大学)
期間 平成24年9月7日(金)~9日(日)
会場 北里大学十和田キャンパス
http://asaet.org/sciencet/convention/5new.html
(NPO YUIプロジェクトが協賛しています。)


□第3回 Thanks Horse Days 開催

開催期日:8月26日(日)、27日(月) 開演10:00
開催会場:北海道浦河町乗馬公園

8月26日(日)プログラム予定

・開会式
・研究プログラム①「馬介在療法の未来のために」 
 東京大学大学院特任教授 局 博一
・トークショー 映画「降りてゆく行き方」ほか
・障がい者乗馬、重度障がい者乗馬、高齢者乗馬 第1回ゲーム抽選会
・研究プログラム②「不登校の子供たちとのホースセラピー」
 登校拒否文化医学研究所 所長・臨床心理士 高橋良臣
・研究プログラム③「乗馬療法と発達障害 副題「感覚統合理論を通した理解」
 帝京科学大学医療科学部作業療法学科教授・作業療法士 石井孝弘

8月27日(月)プログラム予定

・ポニー体験乗馬・馬車(車椅子対応)
・研究プログラム④「乗馬の効果」 わらしべ乗馬療育センター 理学療法士 木島愛子
・体験「模擬障がい者乗馬」
・馬のトレーニング方法 宮田朋典
・オプション企画 著名馬術選手、JRA騎手による騎乗レッスン、トークショー

PDF第3回・第4回企画書
(NPO YUIプロジェクトが協賛しています。)


□「ポニーとこども」全国フォーラム 
 <平成23年度こどもゆめ基金助成事業>

平成24年2月20日、第3回「ポニーフォーラム」が財団法人ハーモニィセンター主催で開催され、局 博一が講師として招かれ基調講演を行いました。

講演「馬とのふれあい文化の展望」では馬と人との関わりの歴史と文化、未来へなすべき事を提唱させていただきました。中でも障害者乗馬については数値分析で効果を説明。身体的にも精神的にも馬が人にとって大きな役割を果たしてくれる存在であることを再認識していただけたと思います。

当日は馬に関する仕事に従事されている方、仕事を目指す方など、約40団体、個人も含めて120名を超える方が参加され、講演、パネルディスカッションにも熱心に 耳を傾けていらっしゃいました。 フォーラム終了後の懇親会では多くの方々が交流を図り、こうしたネットワークが 今後の活動の大きな広がりと可能性を実感できるものとなりました。

写真
財団法人ハーモニィセンター
理事長 大野 重男氏
写真
局 博一
写真
写真